携帯電話の料金は分かりづらいですよね。

携帯電話の料金は分かりづらいですよね。

最近格安SIMを使う人が増えてきていますが、そもそも携帯電話の料金が分かりづらすぎてどちらが安いのかすら比較できないのが現状です。
普通のキャリア(docomo、softbank、au)では、ありとあらゆる方法で顧客が辞めにくいような料金形態を作っています。

 

例えば、携帯の割賦料金を4年払いにして割引を受けられるが、割引が最初の1年か2年だけであったり、家族割に加入するのは簡単でも解除するといろいろな割引がなくなるなど、あまりにわかりづらい料金形態です。

 

行政指導が入りましたが、ルールの穴をぬって結局各社スマホ本体料金の値引き、SIMロックなどのやめにくい手段をなんとかつけようと必死です。
そして、その値段をベースに格安SIMとの比較を行う場合、そもそも格安SIMを利用する場合はスマホ本体の料金は割引が無いため、かなり高額になってしまいます。自分で割賦を組むには手数料がかかり、キャリアでスマホを買った方が安くなることもしばしば。
しかし、プラン料金は安い。結局月々にかかる料金はあまり変わらなくなってしまいます。

 

そして考えるべきは、通信速度の品質などです。
格安simは大手の回線(ドコモ、au、ソフトバンク)の回線を借りているのでどうしても混んでくると遅くなってしまいます。。

 

やはり安いだけの理由があるということなんですよね。

 

乗り換えを促したり、システムを複雑化して囲い込みをするのではなく、サービスのクオリティや付加価値で勝負してほしいです。

 

また、スマホのアプリやサービスは常に更新されていくので、それなりのスマホのスペックがないと対応できなくなってしまいます。
そういう点でも、まだまだ普通のキャリアを使い続ける方が得な点が多いのではないかと思うのです。

 

ソフトバンクとかは、キャッシュバックがあるので他よりもちょっとお得に新機種を使うことができてよいですよ
→スマホ乗り換え池袋

page top